秋の季節は、頭皮のカサカサにご注意ください。

こんにちは。

浜松市佐久間町の理容師  乗本和男です。

いよいよ秋も本番です。夜になるといきなり冷え込んだり、時には日中と変わらず暑いままでいる時があります。こんな時は体調が著しく変化していきます。ですから自分自身で気をつけていないと、喉が痛いとか、節々が痛いとか、風邪の症状を訴えるお客さんが多くなるんですよね。実際に寒いと思って厚着していくと、日中が暑くなり汗をかいてそのまま夕方に冷え込んで、風邪をひくパターンなんです。

そんなお客さんの中で頭皮がカサカサになっている方がみえます。これも季節の変わり目である、秋に多いんですよ。秋になって気温が落ちていくと、だんだんと空気も乾燥していきます。乾燥していくと若い人みたいに(40歳以下)まだ元気で、体から油(頭皮を守るバリア)が出ている時は良いなだけど、加齢になって来ると、若い頃みたいなバリアでカバーすることができなくなって来るんです。

前にも書きましたが、頭皮や肌に住み着いている、善玉常在菌である皮膚ブドウ球菌が、汗や皮脂を餌にしてグリセリンを出し、それがバリヤになって頭皮を守ってくれるんです。でもそんな善玉常在菌も年齢と共に少なくなっていきます。やはり加齢により免疫が下がったりして、バランスが崩れて来るんでしょうね。だから大事な善玉常在菌を増やしていく維持していくためには、睡眠・バランスの良い食事・ストレスをためない などが大事になってきます。

そんな40歳を超えて来ても、頭皮の状態を気にしないで、ガツガツと強い界面活性剤の入ったシャンプーで洗って、頭皮がカサカサになったお客さんが多いです。そんな方の共通なところは、ゴシゴシと洗いすぎなところなんですよね。若い頃からの癖でゴシゴシ洗わないと気が済まないんでしょう。頭皮を見てみると、フケのようなものが出てカサカサになっています。これを越えるとグジュってした汁が出て来るのかな。

そんな症状になった人には必ずお願いしています。まずは頭皮を湯洗でしっかり流し、その後に高級化粧品に入っている保湿効果の高い成分が入ったクリームで洗う「クリームズクリーム」で洗ってもらうと嘘のようにカサカサしたところが、ツルツルとして来ます。不思議なんだけど本当なんですよ。そのくらい肌に良いってことなんですよね。

もし40歳を超えて頭皮のカサカサ・肌のカサカサが気になったら「クリームズクリーム」を使ってみてください。斬新な考えのクリームで洗う全身洗浄剤は、きっと肌の弱い方に「これが欲しかった」と言わせます。またアトピーなど肌が弱方にも使ってもらい、喜んでもらっています。

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています! フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ