増毛エクステ「コンビニつけ毛」は、薄毛のミカタ。

お客さんの中には「 BOUZUにするのは髪の毛が薄くなったからじゃないからな」って、いう人がいます。そんな人は短いBOUZUが好きなんですよね。でも本当はBOUZUは好きではないけど、髪の毛が薄くなってきたから、しょうがなくBOUZUにするんだよっていう人がほとどなんですよ。そのくらい髪の毛をBOUZUにしたい人って、少ないんですよね。

だから髪の毛が薄くなってしまった人を、応援したいんです。髪の毛が薄くなると発毛剤や育毛剤を使っても効果の出る人や出ない人とまばらなんです。それに効果自体がそんなに即効性があるわけではないので時間がかるんですよね。それよりも素早くその日から髪の毛が増えたりしたら、嬉しいですもんね。そんな気持ちで始めたのが、増毛エクステ「コンビニつけ毛」なんです。

今日来てくれたお客さんは、髪の毛が薄くなり一時期はBOUZUにしていたんだけど、加齢によってかの毛自体が伸びなくなって来たんです。BOUZUにしていた時は、上を13mmで下を6mmのバリカンを入れ、髪の毛に差をつけてヘアカットしていたんです。でも髪の毛が薄くなること自体が伸びないことが気になり、また髪の毛を伸ばしたいって相談してくれたんです。

やはり女性とは違い髪の毛を短くする男性は、カツラだと不自然な髪型になるのはしょうがないんですよね。だから僕はカツラではなくて自然に増やせる増毛エクステ「コンビニつけ毛」を紹介しているんです。今回も頭のてっぺんに髪の毛がなくなってしまい。本当なら、横にある丈夫な髪の毛に結び長くして隠すんだけど、長くしたくないということで、全体に短くカットしました。横に結んだ人工毛は960本です。髪の毛を増やし薄くなって、毛がないところを隠しながら長さを短くしました。

お客さんの毛量が少ないことと、そして加齢によって髪の毛が伸びてないんですよね。でも5cmくらいあれば結んで増やすことができるので、施術させてもらいました。髪の毛って上から他人が見ることってないんです。それより後ろとか横とか前とかが、ほとんどなんですよね。だからその場所から見て、薄さを感じないヘアスタイルに作らせてもらいました。

増毛エクステ「コンビニつけ毛」は、髪の毛が薄くなったけど、BOUZUにはしたくない人に喜んでもらっています。その喜んだ顔を見るのが楽しみなんですよね。

手軽増毛法「コンビニつけ毛」の不安や質問を書きました。

コンビニつけ毛」は、増えたなって感じれる本数の目安は480本。

この本数の施術は1時間でできます。値段は税込で¥18,000です。

 「コンビニつけ毛」のことをもっと知りたい方、気になる方は「お問い合わせフォーム」からお気軽にご相談くださいね。

f:id:ayuturi40:20170128175652p:plain

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています! フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ