気の合う仲間と飲む酒は、楽しくてしょうがない。

日曜日に豊橋でSNS繋がりの飲み会があったんです。去年の2月から、晩酌をやめてしまっている僕にとって、飲み会っていうのは、たまにあるお酒をたらふく飲める楽しみな会なんですよね。そんな会に嫁さんと2人で参加して来ました。

集まってくれたのは8人で、遠くは千葉から近い人は豊橋から集まってくれたんです。初めて会う人もいたんだけど、SNSで繋がっているから、相変わらず初めて感がないのが不思議だよね。ただその人の声を聞いたり、握手をして体に触れたりすることで、グッとその人が近くなった感じはします。

そんな人たちと、地元でガス屋をやっている菅野さん(ちくわマン)が、色々と店や料理を考えてくれて、皆んなで楽しめる居酒屋で宴会が始まりました。人見知りな人はあまりいないよなー、すぐに溶け込めたし、SNSでその人の話題を熟知しているから、何をその人と話したら盛り上がるか皆んな知ってるからね。

今回は幹事の菅野さんの恋愛関係について盛りあったんだよね。なかなか純な人なんだよな菅野さん。だから彼女に対しても凄く丁寧に接してる、僕みたいに「がさつ」ではないから、お互いに本心を打ち明けるのに時間がかかるんだよね。俺なんか嫁さんへのプローポーズの返答を、気が短いから5分後に聞いたからね(笑)

そんな菅野さんのことを、皆んなで盛り上げて、美味しいおつまみにさせてもらいました。お酒が入っているから、皆んな盛り上がって、いつもは言えない(恥ずかしくて照れるようなこと)ことも平気で言えるから面白いよね。きっと白保だったら言えないことがいっぱいあったような感じがした。

お酒って楽しく飲めると、その楽しさをどんどん加速させてくれるんだよね。自分は若いころにはその楽しさを通り越えて、いっぱい失敗をして来たら、だから少し気をつけているところがあるんだ。ただ50歳を超えて来たら自分の勢いだけではなくて、少しだけ周りを見れる余裕が持てるようになったのが、失敗をしなくなった理由かもしれない。

気の合う仲間と飲むお酒は、本当に気持ち良く楽しくさせてくれます。またこのメンバーで美味しいお酒を一緒に飲みたいです。
またよろしくね。

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ