コロナウイルス抗原検査をやって、陽性か陰性か調べてみました。

こんにちは。

オールディーズが大好きな 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

ボクの店では、しっかりとしたコロナウイルス感染予防対策を、営業日は毎日やっているので、感染はしていない自信はあります。先日 SNS友達のミキちゃんが「コロナ検査キットが手に入りました。」って、フェスブックに投稿してあったんで、それを見たボクは、コロナウイルスの検査キッドいいなって感じて「いいなー、ボクもほしい」ってコメントしてみたんですよね。

このほしいなって言葉の中には、この抗原検査キットって今品薄で、なかなか手に入らないってことを、お客さんから聞いて知っていたんです。それに自分の体が本当に感染していないかどうか、知りたいって気持ちもあったんですよね。

そしたら人の良いマキちゃんは、せっかく苦労して手に入れた検査キットを、ボクに分けてくれるっていうメールをくれたんです。まさか手に入らないと思っていただけに、とても感謝しました。それもCOVID19の検査キットって、1500円〜2000円くらいするみたいですが、なんと880円で分けてくれたんです。そんな優しい言葉に甘えて、陽子と2人、2回分を送ってもらいました。

早速送ってくれた検査キットを見たら、ペン型の誰でも容易にできるものでした。袋を開けると中に容器が入っていて、そのリトマス試験紙みたいなのを、たっぷりと口の中に溢れた唾液を付けるんです。約2分間、口の中の唾液を吸わせて、容器の中に入れます。その容器の中には感染しているか分かる薬が入っていて、15分待つと結果が出るようになってます。

この検査をやる時、実はドキドキしたんです。だってもし陽性と判明したら、PCR検査を受けに保健所に連絡を入れなければいけません。陽性ならお客さんに迷惑をかけますし、きっと店の方もお客さんが来なくなるかもしれません。そんな不安を持ちながらやってみました。待ち時間は15分、とてつもなく長い時間が過ぎた感じがしたんです。そして時間が来て、目印をキットの判定基準に合わせてもいると、陰性だったんです。

良かったー!自信はありましたが、もしかの場合を考えると、マジに怖かったんです。でもボクの仕事はお客さんとの信用で結びついています。その信用を最後まで届けれるよに、これからも定期的に検査をしたいなって思いました。
でも本当に良かった、これで少し安心をしました。

陽子も陰性です。

 

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ