出張床屋の日、おじいちゃんおばあちゃんのヘアカットに行って来ました。

こんにちは。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

今日は2ヶ月に1回の、特別老人ホームへ出張床屋の日です。入居者の方は、なかなかコロナ禍で家族の方とも会えない日が続いています。モニター越しで会うことはできても、肌が触れ合うことができないから、とても寂しくて辛いだろうなって感じます。

もちろん家族の方も入居しているおじいちゃんおばあちゃんに会えないから、辛いですよね。施設では、ボクの地域の入居者の方を、ボクにヘアカットさせてもらえるから、会えない家族の方が来店してくれた時に、おじいちゃんおばあちゃんの元気な話をさせてもらっています。安否確認じゃないけど、リアルに会って来た話をすると喜んでもらえるんです。

さていつも特別老人ホームに行くたびに感じるのは、施設で働く人たちへのご苦労様ですという気持ちです。浜松や全国でも施設感染者が出て、クラスターが発生しています。そんなことが起きないように、色々な気苦労をされているからです。

まずは家族の方も容易には面会できないようになっています。そして施設で働く関係者の方は、日常の生活や活動も制限させられています。ボクたちがやっている以上に強い制限の中で生活をしているんです。よく施設でのクラスターは、関係者から持ち込まれたというニュースを聞きます。そのニュースを聞くと、日頃頑張っていることを知っているので辛くなってきます。

それに症状が出ない人もいるわけです。そんな人がいたら、感染を止めることなんてできないですよね。人と接していく仕事は、目に見えないものがあると、とても神経を使います。でもその中で最善の感染予防をしていかなくてはいけません。ボクの店でも、施設に負けないくらいの感染予防対策をしています。

店の前には手指消毒のアルコール消毒液を置き、ドアは開けっぱなし、店の中の風通しを良くするために、サーキュレーターを回しています。加湿器空気清浄機のプラズマクラスターを発生させ、ヨード化物による空中感染を予防しています。

お客さんに触れた道具は全てアルコール消毒をしています。不織布のマスクと布マスクを2重にし、手袋をして、顔剃りではフェイスシールドをはめて施術しています。100%安全を目指して、移らない移さないに気をつけているんですよね。

国民のワクチン接種が済んでしまえば、重症化を防ぐことができて、心のゆとりもできます。あともう少しだけ施設の人には頑張ってほしいなって思い、今日のブログを書きました。次回は2ヶ月後、その時は少しだけ気持ちにゆとりができていたら嬉しいです。

 

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ