気分転換に丁度いい、出張床屋に行ってきました。

こんにちは。

浜松市佐久間町の床屋 乗本和男です。

いつも店内で働いていて、どこにも出ていかない仕事だから、たまに外に出て行く仕事は楽しい。というか出て行きたいんだろうな。お客さんを待ち続けている仕事を、もう30年もやって来たわけです。床屋ってお客さんを待つしかない仕事なんだと、ずっと思って来たんですよね。でも法律上なかなか店から出て行って、仕事をするのはできないんですが、条件が揃うと行くことが出来るんです。

それが出張床屋なんです。2ヶ月に1回のペースで、佐久間の里特別老人ホームにヘアーカットに行っています。認知症や体が不自由になってしまい、自分の意思で床屋に来店できない人のために、こちらから行かさせてもらっています。施設での仕事は、色々なパターンの方が多いので、来店してもらっての施術はできないんですよね。介護士の方のお力を借りて、ヘアーカットをしています。

それと個人的に来店できない人のところにも行かせてもらいっています。なるべくしっかりしたサービスがしたいので、ご無理を言っても、車椅子でこれる方は来ていただいています。でもそれも来店できない人は、こちらの方から行かせていただいています。特にここ佐久間町は山深いところです。そのために、1人で山奥に住んでいるお年寄りも多くいるんですよね。そんな方で、体の不自由な人のところに、出張床屋に行かさせていただいています。

一人暮らしで話し相手もいない、自分の体も腰が曲がり、車の免許書も返納して、バスを使っても来店できないお客さんもいるんです。そんなお客さんのところに行くと、逆に気分転換にいい出張床屋になるんですよね。さっきも書いた通り、店で待っているのが基本ですから嬉しいです。
さてそんなお客さんのところは山奥が多い、店まで歩いては来れない距離のところです。でも自然が豊かで、春に破鶯が鳴き、今の季節は綺麗な金木犀の香りが僕を迎えてくれます。高い山の上の家は、景色もいいです。

そんな待っていてくれるおじいちゃんからくる出張床屋の電話を、いつも楽しみにしているです。
また連絡を待ってますね。

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ