クリスマスの懐かしい思い出。

浜松市の山奥からこんにちは。

佐久間町で床屋をやっている 乗本和男です。

今日は12月25日クリスマスですね。イエス・キリストが誕生したお祝いの日です。子供の頃はイブの24日にクリスマスケーキを食べたので、イブの方がメインになってしまい、25日は何もない普通の日になってしまってました。ただ25日には、クリスマス会が近くの教会であり、500円くらいの価値のあるものを持っていき、プレゼント交換をして楽しんだ記憶もあります。子供の頃は純粋で、毎週のように通っていた日曜教会で、牧師さんの話を聞いてイエス様は存在を進していたんです。きっと僕のことを守っていてくれるって子供心にずっと、思っていましたからね。

そんな自分の子供のころにも、色々な楽しみや信心を描いていたクリスマスの日でした。ただ大人になり彼女(嫁さん)ができたりした時には、またまた色々と工夫をして、嫁さんに喜んでもらえるように、クリスマスを口実に考えたものです。若い時だから何をやっても楽しいし、面白いくてしょうがないそんな時間だったんですよね。

結婚して子供ができたら、それこそ子供が中心のクリスマスになってました。今では食べないケーキを買い、子供が楽しみにしてるクリスマス会を家族でやったんです。ただ年末といいうこともあり仕事も忙しく、終わる時間が遅くなってしまい、子供たちになかなかクリスマス会ができないから、ヤキモキさせていました。今ではクリスマスケーキがめちゃ高いけど、昔は今みたいに高くなかったんです。ですから3000円も出すと、大きさが10人くらいで食べれるケーキが売っていたんですよね。

そして子供達の楽しみはクリスマスプレゼントです。下のチビは小学生の時までサンタクロースが、プレゼントを持ってきてくれるって、本当に信じていましたからね。流石に中学になると知恵が入ってくるので、信じることはなくなりましたが、信じて楽しみに待っている姿は、本当に可愛いものでした。小さいから高価なものを欲がる訳ではないので、お菓子がいっぱい入った長靴が好きだったんです。その長靴を、寝静まった子供の部屋にいき、寝ているベットの枕元に置いておくんですよね。すると、いつもは目覚めの悪い朝も、シャキッとして起きてきて「サンタさんがプレゼントくれた」って持ってきたんですよね。

その姿は今でも思い出すけど、可愛かったなー。そんな娘ももう24歳になります。昨日はどんなプレゼントをもらったのか、父親としてちょっと違う意味で気になりました。

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています! フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ