先入観て怖い!まさかキウイが中国が原産なんて知らなかった。

 寒い日が続いていますね。佐久間町はマイナスの気温が何日か続いていて、朝起きると一面が真っ白い霜に覆われているんです。雪はたまには舞うことはありますが、昔からそんなに降ることはないんです。そんな山奥の佐久間町ですが、一軒に一箇所づつぐらいに畑があるんです。でも畑は今では厄介者になってしまっているんですよね。もちろん高齢化になってしまい、後を継ぐ人が少ないのもあるかもしれません。

そんな僕の家にもある畑に、キウイの木が植えてあるんです。父親が生前に、お客さんに頼んでキウイの棚を作ってもらったんですよね。両脇をコンクリートで固めて、結構立派な棚に作ってあるんです。そしてわざわざ美味しいといわれていた種類同士の、オスとメスを組み合わせているんですよ。ただねオフにやるキウイの枝打ちが大変なんです。僕はやりたくないから逃げているんだけど、今回はやらないと行けないだろうなー。

キウイは中国原産

さて畑にあるキウイですが、これだけ寒くなって霜に当たると、ボチボチ自力で甘くなるはずなんですよね。そうそう、なんで野菜とか果物は霜に当たると甘くなるか知ってますか?それは気温が下がり霜が降りたりして、実が凍らないように糖度をあげるから、甘く美味しくなるみたいなです。(僕もSNSの友達に教えてもらいました)そこで母親が休みの時間に、畑に行ってキウイを取って来ました。今年は形の良いキウイで、とても美味しそうです。そして霜が降りたのを確認してから行ったので、もう熟して甘いものもあったんですよね。

そんなキウイを美味しそうだったから、FacebookとTwitterに「キウイは南国の食べものだから、霜は関係ないらって思ったけど、あら不思議!甘くなるんだよね。日本に来て進化したのかな」って投稿したら、SNSの友達から「キウイは南国産じゃないよ、中国原産だよ」って言われたんです。まさか中国原産とは、もう頭の中からニュージーランド原産だと思ってましたからね。本当に先入観て怖いなってつくづく思いました。

それにキウイはマタタビ科の食物なんですよね。知ってましたー!

もしそのままの名前だったら、ここまで人気が出なかったかもしれません。これは余談でしたが、先入観ていう物は怖いなってことを伝えたかったブログでした。

それではまた。

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています! フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ