男性は面倒くさがり屋!だから鼻毛脱毛が人気!

こんにちは。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

床屋は男性のお客さんを相手にすることが多い仕事です。ですから同性同士の気持ちが凄くわかるんですよね。男性は凄く面倒くさがりな人が多い、だって僕もそうですもん。特に年齢を重ねて来ると、ヘアスタイルなんかも短めで、なるべく朝セットしなくてもいい感じのものに変化していきます。女性みたいに朝の時間に忙しいワケではなく、ただ面倒くさいだけなんですよね。

そしてお客さんの中には鼻毛をあまり気にしない人がいます。逆を言うと床屋に来店するまで、伸ばしっぱなしの方もみえるんですよね。もちろんマメにカットして綺麗にしてる方も多いですが、ついつい忘れてしまうのか、何本か鼻の穴から顔を出している鼻毛があるんです。そんな方に人気なのが「鼻毛脱毛」なんですよ。

鼻毛脱毛ってなんだろう?って思うかもしれませんが、鼻毛をブラジリアンワックスという全身脱毛に使うワックスを使い、鼻毛を抜くんです。熱で柔らかくしたワックス(けして熱くはないです。少し暖かい感じだと思ってくだい。)を、鼻毛脱毛用のステックに付けて、鼻の中に入れます。そして約1分間待ち、固まったところで一気に抜くんです。
「痛そう!」って思うかもしれませんが、実は鼻毛を一気に抜くんで、痛くないんですよ。引っ張られ感はあるものの痛みは感じません。

今お客さんで毎来店の際に必ず「鼻毛脱毛」をやってくれる人が15・6人います。少ないか多いかは分かりませんが、でもそのほとんどのお客さんが口にする言葉が「スッキリするなー。」「鼻の中がスースーして気持ちがいい」「これをやると1月は鼻毛の心配がいらないからな」「面倒くさがりの俺にはぴったり」「癖になるよ」なんて言ってくれます。

鼻毛って、気をつけているようで、知らない間に鼻の穴からお顔を出しているもんなんですよね。そして自分では気がつかないことが多いんです。たまに鼻毛を出している女性も見かけたことがあります。毎日のように鏡を見ている女性でも、エチケットゾーンを見逃してしまうこともあるくらいなんですよね。

特に男性は面倒くさがり屋さんです。自分だけではなく接する相手に不快感を与えないようにも「鼻毛脱毛」をして、鼻毛を気にしないで人と会って欲しいなって思います。

当店では、左右の鼻毛を2回づつ抜きます。

料金  ¥1100ー (税込)

でスッキリさせていただいております。

 

 

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています! フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ