増毛エクステ「コンビニつけ毛」は、薄毛に悩む人のビタミン剤。

こんにちは。

浜松市佐久間町のヘアーサロンの 乗本和男です。

 僕は薄毛に悩むお客さんの髪の毛を、増やすことができます。それは増毛エクステ「コンビニつけ毛」という増毛法を使い、髪の毛が薄くなり細くなりボリュームがなくなったところを、髪の毛に特殊な方法で縛り付けて増やしていくんです。薄毛を隠すのに1番てっとり早いのがカツラですが、カツラは男性のようにショートだと、絶対に分かってしまうんですよね。女性のワンポイントのウイックは、分かりにくいですけどね。

だから男性は特にカツラより、僕がやっている増毛エクステ「コンビニつけ毛」が、不自然な感じがしないので、お客さんに気に入ってもらっているんです。そんな増毛法をなぜやりだしたのかっていうと、お客さんが髪の毛が抜け落ちて薄くなることで、自分の若さというか、自信を無くしてみえた方がいたからなんですよね。「いつものように元気になって欲しい」っていう気持ちで、始めたんです。

でも初めてからもう何十人という方の髪の毛を増やしていますが、薄くなった髪の毛が増えたことで、お客さんの顔が明るく元気になるのが分かるんです。髪の毛が薄いと、その薄くなった部分が気になって、人前に出るのが恥ずかしくなるんでしょうね。だから下を向いてどうしても元気がないような感じに見えるんです。ですからそんなお客さんを元気にする増毛エクステ「コンンビにつけ毛」は、お客さんが元気を取り戻すビタミン剤なんです。僕はそう考えてからずっと、お客さんが元気になれるように、自然な増やし方で増毛法をやっています。

もし薄毛に悩む男性・女性がいたら、ぜひ僕のやっているビタミン剤で、元気を取り戻して欲しいです。

増毛エクステ「コンビニつけ毛」の不安や質問を書きました。

コンビニつけ毛」は、増えたなって感じれる本数の目安は480本。

この本数の施術は1時間でできます。値段は税別で¥18,000です。

 「コンビニつけ毛」のことをもっと知りたい方、気になる方は「お問い合わせフォーム」からお気軽にご相談くださいね

 この記事の投稿者

乗本和男

浜松市の山奥にある佐久間町というところでフィフティーズな床屋 「ヘアーサロンノリモト」を営んでいます。フィフティーズ・ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています! フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ