これから先は、年賀状を出すか出さないか考えどころです。

年賀状って最近出してますか?
そんなことを気にしています。なぜならほとんどの友達はLINEで新年の挨拶をしたりしてますからね。商売をやってないと出す理由がなくなって来る感じがするんです。お年寄りにしてみたら、目が遠くなるし字が書きづらくなるから止める人が多いし、若い子はさっき書いたいようにLINEで新年の挨拶をしてるしね。今ではSNSが発達し過ぎていて紙媒体自体を使うことが少なくなってしまっているから、若い子は年賀状を書いて出すとイメージがわかないかもしれません。

そんな年賀状ですが商売をやっていると、当たり前にお客さんに出すものだと思ってました。でもSNSを教えてもらっている下澤先生が水商売をやっている時に、クリスマスカードを出して年賀状は出さなかったみたいなんです。商売やっていると一方通行の年賀状が多く、年内に不幸があったお客さんのことが分からないから、出して失礼にならない様に確実なクリスマスカードにしたらしんですよね。

そう考えると別に年賀状を出なくてはいけないということはないですが、やはり山奥の町には紙媒体の年賀状を楽しみにしてくれているお客さんも多くいる感じがします。そんなこともあり毎年のように出しているんですよね。年賀状を作っていて分かるのはお客さんに仏が多いとうことです。高齢者の方が多い佐久間町は、やはり亡くなる人も多いんですよ。

そんなことで整理をしながら今年も多くの年賀状を出すことになりました。昔は全て手書きで出していたんですがだんだんと方法も近代化していき、パソコンが使えるまではプリントゴッコを使い一生懸命に刷っていたんですよね。それでも色々と文章を考えたり絵柄を考えたりと、なかなか大変だったんです。

それからパソコンを使えるようになってプリンターを買い、色々なデザインも簡単にできるし、文章も字が下手な僕でも綺麗に書けますしね。ただ簡単な分だけどうしても人間味が薄いというか、そんな感じがするんです。でも年賀状の片隅に手書きで一言だけ書かさせてもらってます。そうすることで、見たお客さんもデザインと手書きと両方楽しんでもらえる感じがします。

でもいずれは年賀状は極一部の親しい人だ人だけに送る貴重なツールになるかもしれません。これからは「どうして年賀状を出さないといけないのかという理由」を、深く考えることが必要になって来るかもしれませんね。

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ