リーゼントは僕の生き様かもしれない。

早いもので今回で3回目になる「リーゼントクラブ」の日がやって来ました。リーゼントクラブとは、毎月の8日(エルヴィス・プレスリーの誕生日が1月8日ということで)にリーゼントやポンパドールにポニーテールなど、50sに関係のあるヘアスタイルを作ってツイートしようぜってイベントなんです。

そんなに強制力はなく(笑)リーゼントをしたいなって気持ちがある人が、やって投稿してくれたら嬉しなって思っているんです。ですからどんな方でも、50sなヘアースタイルに興味があったり、憧れていたりしたら、投稿できるんですよね。今はまだほとんどTwitterでやっているんです。それはやるきっかけになったのがTwitter友達の投稿から始まったからなんですよ。その友達が「リーゼントに憧れているんです。したいです。」というコメントをしてくれたんです。

そこで僕は「だったら毎月1日だけ日にちを決めて、リーゼントを好きな人でツイートして楽しもうよ」って話したんです。それでこのリーゼントクラブが立ち上がったんですよね。まだまだ浸透してないけど、人数が増えていくというより、毎回投稿するとこで、みんながどんどんリーゼントを作るのが上手くなって行くことが嬉しいなって感じます。

そんなリーゼントクラブの今日、僕のツイートにTwitter友達からこんなコメントが来たんですよね。

(`ー´-☆

_〆(゚▽゚*)メモメモ(`ー´-☆

昔~床屋さんで、りーぜんとに、されて恥ずかしくなり

中学その時位です。(笑)

真冬の公園で、頭洗ったの思い出しました

(笑)(笑)

もう僕らの世代では、なかなかやってる方が居なかったです。

格好いいですが、僕には、似合わないです

(`ー´-☆

16:14 – 2018117

だから僕はこう答えたんです。

興味持ってくれてありがとう

リーゼントって、似合う似合わないじゃないと思うんだよね。

好きか嫌いかだと思う。

それに 「思い、憧れ」だと思うんだよね。

きっと ◯◯さんは、リーゼントがホントに好きなんだなって思うよ。

いつかリーゼントをツイートしてね。待ってます。

そしてこんな返事が来ました。

髪の毛あるうちに頑張ってみます。ありがとうございます(`ー´-☆

1:50 – 2018118

僕は自分に当てはめると、リーゼントっていうのは、ある意味僕の「生き様」かなって感じています。そのくらいカッコいいし好きなんです。今の時代には似合わないかもしれない、でも僕にとっては色々な思い出や出来事がリーゼントには詰まっているんだよね。そんなリーゼントやポンパドールやポニーテールに思いを乗せて、これからもツイートしてくれると嬉しです。

 </p

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ