趣味, 雑感

死ぬまでロックンロール!ロックンロールの神様「チャック・ベリー」の思い出

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

ロックンロールの神様「チャック・ベリー

今年の3月18日にロックンロールの神様「チャック・ベリー」が永眠しました。

享年90歳でした。

ボクがチャック・ベリーと出会ったのは、何回も書きますが同級生の兄貴の部屋だったんです。

1980年の年、リバイバルで50s・60sの曲がLPレコードで沢山販売されていました。

f:id:ayuturi40:20170516150054j:plain

その時はまだ何が何の曲だかわからず、ひたすらポールアンカのダイアナだけを探していたんですよね。

ロカビリーとかロックンロールにはまだ興味がなく、不良ぽい感じの歌だなってとだけ理解できたんです。

でもその不良っぽい歌の中にも、自分の心に止まる曲があったんです。

今まで聞いたこのないリズム、体が勝手に動き出すようなテンポ、何かカッコイイ感じの曲だったんですよね。

www.youtube.com

そして友達に「この曲はなに?」って聞いたら「チャック・ベリーのジョニーBグットだよって」って教えてくれたんですよ。

チャック・ベリー」は90歳で新アルバムを発表

その時初めて、ダイアナと違うロックンロールの曲をいいなって感じたんです。

その曲は1958年にヒットした曲でした。

当時は今とは違い、良いギターなどなかったのにも関わらず、自分で曲を作りヒット曲を連発していったんですよね。

そしてチャック・ベリーの90歳の誕生日の10月に、38年ぶりの新アルバム「Chuck」を発表したんです。

http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/63904.jpg

90歳ですよーー!過ごすぎマスーーーーーー。

新曲を作ろうとなんて考えるだけでも凄いことなのに、実際に作り発売するんですもんね。

その発売日が海外では2017の6月16日の今日なんですよ。

日本ではいつになるのかなー。絶対に買いたいと考えています。

www.youtube.com

全10曲のうち8曲をチャック・ベリーが作ったんです。それも長年連れ添った奥さんに捧げた曲なんですよ。

奥さんを心から尊敬し愛していたんでしょうね。

ボクも90歳まで「ロックン床屋」

チャック・ベリー」は90歳にして凄いパワーだなって感じました。

もしボクが90歳まで生きていたら、床屋をやっていることができるんだろうか?なんて考えてしまったんです。

ミュージシャンだけど、ボクと同じ職人ぽい感じがするんですよね。

チャック・ベリー」は死ぬまでロックンローラー、「乗本和男」は死ぬまで「ロックン床屋」みたいな感じで(笑)

f:id:ayuturi40:20170616130133j:plain

ボクの新たな目標ができたなったって感じました。

本当に亡くなってしまいなんとも寂しい感じがしますが、ボクが好きだったチャック・ベリーの曲とロックンロールへの想いは、いつまでもボクの心と体の中にいます。

 

 

 

 

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

ページ最上部へ