仕事観, 床屋ネタ, 雑感

お客さんからいただく「良かったよー」って言葉は、ボクの大事な「エネルギー源」です。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

床屋はお客さんとの信頼関係が大事

床屋という商売をしながら、お客さんに喜んでもらえる商品をいつも探して紹介させて頂いてます。

床屋はお客さんとの繋がりが1番大事なんですよね。

そこにはお互いの信頼というものがあると考えているんです。

特にそれを感じるのがお客さんの顔をカミソリで剃るときなんですよね。

f:id:ayuturi40:20170625185853j:plain

お客さんの顔から首にカミソリを当てます。その時に何かあったら大変なことになってしまいます。

そのためにお客さんの気持ちや状態を考えなが、お客さんが気持ちよく顔剃りを受けてもらえる様にしていくことが大事なんだなって感じています。

そんなお客さんとの信頼関係をきずきながら、色々な商品も同じ気持ちで伝えているんですよね。

ボクの扱う商品

ボクが扱う商品は床屋にしてはとても少ないんです。

その理由としてボクの店の雰囲気に合わないものは置きたくないんですよ。

これも小さなこだわりかもしれませんが、自分の中では凄く満足している商品だけなのでお客さんに伝えやすいし、伝わりやすいんですよね。

f:id:ayuturi40:20170625190035j:plain

ただ商品の中の2つだけは、店の雰囲気にマッチしない商品なんです。

それは「復元ドライヤールビー」と「エレクトロン パドル ブラシ さくら」です。

でもこの商品は店に合うとか合わないとか関係ないんですよ。

だって凄ーく良いものだからなんです。

ボクが知っている中でも、他では体験することのできない商品だからお客さんに紹介させて頂いているんですよね。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/ayuturi40/20161224/20161224075050.jpg

そして「復元ドライヤールビー」は、多くのお客さんに使って頂いています。

お客さんから「良かったよー」っていってもらえるのが嬉しい。

エレクトロン パドル ブラシ」は嫁さんの美容室が中心で扱っているんですが、ボクもお客さんの奥さんやお母さんにそしてSNSのお客さんに良さを伝えているんですよね。

この前も男性のお客さんが奥さんに買っていったはずなのに、自分で使って見たら髪の毛はサラサラするしなんといっても寝癖がつきにくく、肌が気持ち良いって一緒に使っているみたいなんです。

f:id:ayuturi40:20170506171842j:plain

こうやって使ってみたら「良い商品だったよ」って言われるのは凄く嬉しいです。

そしてこないだSNSで知り合ったお客さんにも送らせて頂きました。

ボクのブログから興味を持ってくれて購入してくれたんですよね。

そして昨日届き早速今朝使って感じたことをメールで送って頂きました。

こちらがのその内容です。

おはようございます♪早朝から長野のほうで地震でしたね 数日前 愛媛の方も大分の豊後水道地震で震度3でしたが震源地の方々が心配です・・・ゆうべ最終便でバトルブラシ届きました~今朝さっそく箱を開けて大きいのに驚きましたが(笑

今 使用中です~1回ブラシを通しただけで艶が出たのにびっくり!1回ブラシを入れただけなのに波打ち絡んでいた髪の毛がまっすぐになったので2度めのびっくり!いままで業務用のものや有名ヘアサロン監修のブラシを何十本ためしたのですけど こんなにすぐ効果があったブラシは初めてです~いままでマイナスイオンを発するモノ バドルブラシ 豚毛と猪毛混合のモノと数本を使いヘアアイロンで耳を火傷しながら時間がかかってたストレートにする苦労が数分ですんでしまいました~柄の部分も持ちやすく軽いので指に麻痺が少しある私の手に優しく痛くならないので嬉しいです~さくら木の部分が飴色に美しく変化するまで長い付き合いができそうです。こんな素晴らしいものを紹介いただきまして ありがとうございます。感謝。

 

 ボクが良いものだと感じた商品を、お客さんも共感して喜んでくれることが、ボクはとっても嬉しいんです。

f:id:ayuturi40:20170625185749j:plain

この「良かったよー」っていう言葉が、ボクが頑張れる大事な「エネルギー源」なんですよね。

それでは、またー。

 

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

ページ最上部へ