仕事観, 雑感

「お客さんを幸せにしたい」と言う気持ちが、SNSを使うことで自分の心を素直にさせてくれるんです。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

なんかねー最近凄いなって感じてるんだ!

SNSのことを。

SNSの力

先日の「ガスメンちゃんこと田島さん」がわざわざ群馬から娘のきーちゃんと一緒に来てくれたことや、豊橋のK爺に名古屋の健ちゃん・・・そして浜松近郊から1時間以上かけて店に来てくれるお客さん達。

佐久間町以外から店に来てくれるなんて、SNSをやってなかったら絶対に起きることがないことなんですよね。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/ayuturi40/20170709/20170709133044.jpg

だってボクのことを今まで伝えることをしてなかったから。

ボクっていう人間が佐久間町で床屋をやってるってことを知ることができなかったからね。

毎日のようにFacebookTwitter・Blogに書き、投稿することで(たまにInstagramも投稿しています)乗本和男を知って頂けたんだと感じてます。

SNSの先には必ず大事な相手がいる

そしてSNSを初めて大事だなって感じることは、ただ毎日書いて投稿しているだけではダメだってことです。

必ず自分が伝えたい相手に対して、しっかりと自分の考えや気持ちを発信しなくてはいけないんですよね。

伝えたい相手がこういったことを書くときっと喜んでくれる。

こんなことを伝えることであの人のためになる。

あの人ならこの気持ちを共感してくれるだろうなー。

 

って、もっともっと伝えたい気持ちが強いと、明確になって伝わりやすくなるんです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/ayuturi40/20170704/20170704115009.jpg

そして今、SNSで知り合ったお客さんにボクの店で扱っている商品を買ってもらっています。

ボクが直接お客さんに伝えたわけではなく、SNSに投稿したボクのブログを読んでくれて買ってくれるんですよね。

f:id:ayuturi40:20170711133552j:plain

一人の人のためにこのことを伝えたいなって考え書くと、そのことに共感してくれて買ってくれるんです。

SNSは自分を素直にさせてくれる

ボクはSNSを使い色々なことをブログに書き投稿してきました。

そして今凄く感じていることは、自分自身が素直になっていくことなんですよね。

今ままでみたいに屈折した、いやらしい心がなくなってきてるんですよ。

いつもあの人のためにって考えて、SNSを投稿しているとそんな気持ちになってしまうのかなー。

f:id:ayuturi40:20170705112735j:plain

そして素直な屈折のない自分の心に気がつくと、商売でも自分の枠ってものがなくなってくるんです。

今まで床屋の3代目として、しっかりとやっていかなくてはいけないって強い気持ちがなっくなってきたんですよ(堅苦るしさが取れた感じ)

「床屋だけで満足してるのか」って「本当はもっと他のこともやりたいんじゃないのか」ってです。

床屋だけで、自分の大事なお客さんを幸せにできるのかなって考えるようになってきたんですよね

その後押しはSNSの凄さを感じてからなんです。

f:id:ayuturi40:20170604165454j:plain

まだ何をしたいかわかりません。

でも「これはあの人のためになるな」ってことがあったら、勉強してその人を幸せにできるような仕事をしてみたいと考えています。

お客さんがボクのやっていくことで、幸せになってくれると嬉しいし楽しいから。

 

 

 

 

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

ページ最上部へ