出張床屋でヒントを得て「コンビニつけ毛」の出張を始めたいと考えています。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

出張床屋を待ってくれる人がる

床屋という仕事は、店を開いたらお客さんが来てくれるものだと今まで感じていたんです。

でもお客さんの高齢化が進むに連れてボクの仕事の範囲が、店の中から外に行く機会が多くなって来ました。

f:id:ayuturi40:20170718154018p:plain

でもおじいちゃん達は一生懸命に交通手段を使い来てくれるんです。

でもねどうしてもいつか病気で来れなくなってしまうんですよね。

そして電話を頂いたら来れなくなったおじいちゃんの自宅まで、髪の毛をカットに行っているんですよ。

出張カットは誰にでもできないけど「コンビニつけ毛」はできるんです。

でも悲しいことに、誰にでも出張してカットに行けるわけではないんですよね。

これは理容法に基づいて出張しているんですよ。

どうしても店に来れない状態のお客さんだけのところしか、行くことができなんですよね。

そんな出張が多くなったボクの仕事ですが、また新たな仕事の出張ができそうな感じなんです。

f:id:ayuturi40:20170718154601p:plain

お客さんがボクにこんなことを言ってくれたんです「うちの嫁さん、最近頭の上が薄くなって来たんだよ。だからお前のこと言ったんだけど、ここに来るのが恥ずかしいみたいなんだ。」

「やっぱり床屋っていうのが少し壁になっているのかなぁー」ってボクが言ったら

「もしかしたら家に出張でやりに来てくれることできる?」って言われたんです。

その時「はっ!」って感じたんですよね。

f:id:ayuturi40:20170718154212p:plain

そうなんだボクの仕事は出張で髪の毛をカットしたりするだけではなく「コンビニつけ毛」をやりたくても店に来るのができない人や、来づらい人のために出張したらいいじゃんということに気がついたんです。

全国の薄毛で悩むお客さんのところに行って、髪の毛を増やしてあげたい。

出張床屋と違い「コンビニつけ毛」は理容法に関係なく施術ができます。

だから気軽に髪の毛を増やしたいお客さんのところに出張して行けるんですよね。

薄毛でボリュームがなくなって悩んでいるお客さんて、やっぱり50歳以上の方が多いんですよ。

f:id:ayuturi40:20170718155336j:plain

男性は気兼ねなく店に来れるかも知れません。

でも女性の方はボクの店に来たくても、恥ずかしかったり、車や交通機関を使い気軽に来れない人が多いと感じているんです。

そこで「コンビニつけ毛」の出張をしようと考えました。

f:id:ayuturi40:20170718155619j:plain

もちろん一日仕事になりますので、何人かの方がいないと行けないんですよね。

だから人数を考えました。

基本5人の髪の毛を増やしたいという方が見えたら、行きたいと考えています。

もし出張費も負担していただけるのなら、全国に行きたいと考えているんですよ。

f:id:ayuturi40:20170718192708p:plain

全国の薄毛で悩むお客さんを、明るく胸を張って人前に出れるような、そんな仕事をやりたいんです。

もし周りの方に薄毛で悩んでいる方がいたら、紹介してくれたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

f:id:ayuturi40:20170707132325p:plain

 

 

 

 

 

 

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

ページ最上部へ