いよいよ「天然鮎づくしを食べよう会」の日です。今日までの準備する期間も色々と考えて楽しいんですよね。

 

こんにちは〜。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

今回の「佐久間町浦川の天然鮎づくしを食べよう会」にしろ、お祭りにしろ本番までに色々と楽しいことを考えて準備していくのが、面白くて楽しんだなって改めて感じたんです。

準備期間

初めてやるということもあり、どんな具合で天然の浦川の鮎を知らない人たちに食べてもらおうかと言うことが、ボクの頭の中でアイデアを絞らせてくれました。

本当は浦川キャンプ場で河原飯でもやりながら、天然鮎を塩焼きにして食べようかなって考えていたんです

http://www.tosa-niyodogawa.com/ayu/ayu11006.jpg

これはこれでみんなんでワイワイできるし、自然豊かな浦川の町や風景も楽しんでもらえるから良いなって感じていたんですよね。

でも浦川の天然鮎と考えると、やっぱり最高の状態の鮎を食べてもらいたかったんです。

最高の天然鮎を食べてもらいたい

そうやって考えた時に、地元で有名な天然鮎を食べさせてくれる割烹料理屋のおかめ屋さんが浮かびました。

そこの大将は地元では有名な鮎釣りの名人でして、そして自分で釣って来た天然鮎を料理して出してくれるんです。

f:id:ayuturi40:20170602133556j:plain

それに今、大将の息子さんが修行から帰って来て、新しい創造的な料理も出してくれるんですよね。

そんなこともあり今回は、地元の天然鮎を知り尽くしているおかめ屋さんの料理を舌鼓っすることにしたんです。

f:id:ayuturi40:20170903081048p:plain

そんなことが決まったら、色々な打ち合わせが大事になって来ます。

まずは鮎料理の値段ですよね。

安く済まそうと思えば2000円からでもあるかもしれません。

でもせっかく浦川の天然鮎を食べてもらうんですよ。

最高のものはもちろん、天然鮎だからこそできる美味しい料理をと考えるとやっぱり最高の料理にしたくなります。

そこでおかめ屋さんと話て、4500円税込の「天然鮎づくし」にしました。

色々と考える準備期間も楽しい時間です。

地元のボクも知らない鮎の料理も出るかもしれませんよね。

どちらしてもボクもこんな鮎料理を食べたことがありませんから、どんな美味しい料理が出てくるのか、珍しい料理が出てくるのか、またおかめ屋さんに行って料理を楽しむ時にお知らせしますね

https://pbs.twimg.com/media/DE7qLFEWsAEyEuN.jpg

今日は総勢14人で「佐久間町浦川の天然鮎を食べよう会」を楽しみに行きます。

やっぱり本番が来るまでのこの準備期間も、心踊らせて楽しい時間ですよねー。

それではまた報告しまーす。

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ