たった一人のお客さんのために始めた仕事は、必ず他のお客さんにも喜ばれる。

 

こんにちは〜。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

一人のお客さんのために

床屋ってカットして顔を剃ってヘアカラーしてパーマかけて・・・と色々と店でやっているんだけど、全てお客さんに喜んでもらいたいためなんだよね。

だから商売として成り立つと考えているんだけど、当たり前だけど喜んでもらいたいお客さん(相手)がいないのにやってもそれは上手くいかないと感じてる。

25年も床屋をやって来て色々と良い商品や技術を学んだり扱ったりしたんですが、いくら良いものでも一人のお客さんのためにならない(喜ばれない)ものは結局扱わなくなってしまいますもん。

f:id:ayuturi40:20171025181316j:plain

でも不思議なことは、一人のお客さんことを考えてその人が使ったらきっと喜んでくれるであろうものを扱うと、他の人も喜んで使ってくれるんですよ。

それは一人の人のために扱ったものだけども、同じ気持ちでいる人に伝わっていくということなんですよね。

一人のお客さんに喜んで欲しくて始めたメニュー

そんな気持ちで扱って来たメニューがあります。

薄くなった髪の毛を増やす「コンビニつけ毛」です。

ボクがこの商品を扱う前に、お客さんの中で髪の毛が加齢によって薄くなり「どうしたらいいんなだろう」って悩んでいたんです

http://4.bp.blogspot.com/-GWLUS9ffHcQ/VNH6iRTXIAI/AAAAAAAArS4/tluRMzBwJS0/s180-c/biyou_usuge.png

そんなお客さん発毛剤を使ってみても、それほどの効果がでてなかったんですよね。

そこで髪の毛をカットしながら「このお客さんの髪の毛につけ毛をすることで、髪の毛が増えて喜んでもらえるんじゃないかな」って考えてたんですよ。

それにその場で髪の毛が増えるから、いきなり悩みが解消されますからね

https://1.bp.blogspot.com/-KqPDQ-wBO1Y/VxC3P6n38nI/AAAAAAAA51E/cwuPwcD0zAk6B82pnGwyl3KFmTIk_DZIQCLcB/s180-c/hair_hage_touchoubu.png

そんな気持ちで始めた「コンビニつけ毛」初めはある一人の男性のお客さんのためでした。

同じ気持ちのお客さんに伝わっていく

でも最近は女性のお客さんが増えて来たんです。

実は女性の方も加齢によって髪の毛が細くなり薄くなってくるんですよ。

特に気になったりするのが「つむじ」と「分け目」なんですよね。

f:id:ayuturi40:20171025144115j:plain

女性の方は毎回言ってますが、男性と違い髪の毛が抜けきることないんです。

だからヘアピースを被るより、自分の髪の毛に人工毛を縛って増やす「コンビニつけ毛」が自然で良いと考えているんです

http://3.bp.blogspot.com/-jb-MyvGjs1w/U9y_uK36xcI/AAAAAAAAjhw/JTplYAF-rb8/s180-c/katsura_woman.png

今日も女性のお客さんが来てくれました。

全体の髪の毛が加齢によって細くなっているから、全体を見ながら違和感のないように増やすことが大事なんですよね。

今回で4回目の「コンビニつけ毛」です。

初めに付けた結び目が5cm以上伸びていたので、それを切り取りその元にまた付けて増やしていったんです。

f:id:ayuturi40:20171025144039j:plain

1時間で420本増やしました。

自分で髪の毛を洗えて手間いらず、こんな手軽で楽な増毛法を、薄毛で悩むお客さんに早く伝えることができると嬉しいです。

  出張型「コンビニつけ毛」も始めました

やっぱり一人で施術を受けるのがちょっと恥ずかしい、そういう方もいますよね。

それならお友達を3〜5人ぐらい集めていただければ、安心感もありますし、わいわいした時間も過ごせるかと思います。

ボクも人数が多いのほうが出張しやすいですから嬉しいです。

「コンビニつけ毛」で髪の毛が増えたなと感じられる目安は480本。この本数の施術は1時間でできます。値段は税込で¥18,000です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/ayuturi40/20170809/20170809124114.png

 

 

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

ページ最上部へ