炊きたてのご飯は「おねば」が美味い!

こんにちは。
浜松市の理容師 乗本和男です。

少し冷えたご飯が好き

炊きたてのご飯より少し冷えたご飯の方が好きだった僕。その理由は冷えることでご飯の水分が飛び、少し辛くなりもちもち感が増す感じがするからなんですよね。毎月やってる「おついたち」のお赤飯も必ず冷やしていただきますもん。

でも嫁さんや母親に言わせると、やっぱり炊きたてのご飯の方が美味しいっていうんだよね。真直ぐ立った一粒一粒にお米が、美味しい色とツヤを出してるからなんだって言っているんです。確かにご飯が炊けた時に炊飯器の蓋を開けて覗くと、なんとも食欲をそそる香りがして、お腹がグーってなることがあります。

思い出した美味しい食べ方

そんな炊きたてのご飯をシャモジで十文字に切って、それから空気を入れるように優しくかき混ぜていくんですが、炊飯器を覗きながら嫁さんがこう言ったんです「あっ!そう言えば前にカズくん(僕)がブログに書いたよね。炊きたてのご飯は混ぜない方がいいって。」

僕もそんなことは知らない間に忘れていて、嫁さんに言われて思い出したんです。「そう言えば炊きたてのご飯を食べる時に、かき混ぜないで食べた方が美味しい」ってことをブログに書いたことを。

 

不思議なもので新しいうちは気にしてやるんですが、時が経ち炊きたてのご飯を自分が1番初めにシャモジを入れなくなってしまうと、お互いに忘れてしまい昔の習慣に戻ってしまうんですよね。

「おねば」という美味しいポイント

そんなことを嫁さんが思い出してくれたので、炊きたてのご飯をなぜ混ぜない方がいいのか少し書いて見たいなって思います。炊きたてのご飯は正直言って、なんとも言えない良い香りが食欲をそそります。そのご飯を混ぜて食べるという習慣から解き離してしてくれたのが「おねば」という言葉なんですよ。

この「おねば」はどこの部分を言っているのかというと、炊きたてのご飯の上の部分を言っているんですよね。そして旨味成分が飯粒表面に付着し、炊きたてごはんの風味を引き出すもとになっているというわけです。これが「おねば」なんですよね。

「おねば」は冷めてしまうと、ノリのように固まってしまいます。だから最初の一杯目は「ごほうび」としていただき、炊きたてを食べたら、全体がふわっとなるよう切るようにして、混ぜて食べるのが美味しいご飯を食べるコツかなって思います。

そして「おねば」について論文があったんです。

「生成した物質が、炊飯液に溶け出し、おねばとなり、飯粒表面に濃縮・付着して炊きあがる。噛むことによるデンプンのアミラーゼ分解は速く、飯粒表面のねばにまず作用してマルトースを生成し、甘味を感じさせ、低分子化したデンプン分子の絡み合いが、飯に特有の食感と食味を与えるのであろう」

炊きたてのご飯はまぜない方がいい

もし知らなかったり思い出したら、ぜひやってくれたら嬉しいです。もう家では毎朝こんな「おねば」をいただいています。

 

 この記事の投稿者

乗本和男

フィフティーズ、ロカビリーが大好きで自然に囲まれながらロックな毎日を過ごしています。町の人に喜んでもらえる床屋を目指しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

コメント

  • 『自分磨き専門家』大信田 昌宏 より:

    なるほど!
    炊きたてご飯は混ぜない方が美味しいとは初めて知りました!!

    兄貴の奥様は記憶力がいいですな☆

    私もご飯を炊いたら〝おねば〟を味わおうっと♪

    (^~<^)ノ♪

    • 乗本和男 より:

      ブラザー!
      ねー、面白いでしょう。嫁さん食い気はあるからねー(笑)
      ウンウン、是非「おねば」を食べてみてください。
      ブラザー、この返信はブラザーにちゃんと届いてるかなー?
      届いていたら教えてね。

      • 『自分磨き専門家』大信田 昌宏 より:

        兄貴の返信、届いていますよ~♪Θ(^θ^)
        今後もブログを拝読しますね☆

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ